勝手に前提条件設定して決めつける人とは話がかみ合いませんね

自分の主張を押し付ける人はいませんか。
人の批判ばかりする人はいませんか。
そうしたいために社長をやっている人を
私は何人も知っています。
もちろん小さいなあと私は思ってます。
年商15億くらいで限界のかたがたです。

攻撃するために、相手をよく観察してます。
そして自分に都合よく解釈します

ラポールを築くためのキャリブレーション
その観察力を使えばいいのに。

なぜ、批判ばかりするのでしょうか。
他人のことを言う権利はあるのでしょうか。
そういう人の心理・特徴と対処法を紹介です。

 

押し付ける人の心理・特徴

まず、押し付け、批判ばかりする人の
心理・特徴をご紹介します。
大前提として、自己肯定が目的です
失敗は人のせい、成功は自分のおかげ
こういうストーリーを守るためです

 

1.ルールを守らないという話にしたい

価値観を押し付ける人には、
ルールを守らないのが許せん』という
論法に持込むという心理・特徴があります。
なので、なにか都合の悪いことがあると、
あいつがルールに従わなかったからだ
従わない人が許せないという話に
したがります

そうすることで
批判・注意は正しい行為であり、
自分は正義の味方だと合理化します
(本当は自分が失敗しているのですよ)

知人の社長さんは、この論理に無理やり
はめ込むために、存在しないルールを作り
そのルールは前からあったと言い張り
攻撃したい人を無理やりルール違反に
仕立てます。

2.相手を認めたくない

相手を認めたくない』というのもあります。
心理学的には、
自分が悪くても認めたくないという不満
があったり、

劣等感が強い場合に、
そのような感情が湧きます。

自信がある人は、他人に
自分の都合を押し付けたり、

批判したりしません。

現状や自分に不満があるからこそ、
「幸せそう」、「何かに優れている」、
「成功している」など、
嫉妬する対象の相手に
ケチをつけたり、
引きずり下ろしたいのです。

自分が自分を認めていないからこそ、
他人も認めたくないのです。

3.憂さ晴らし

価値観を押し付ける人の心理・特徴に、
憂さ晴らし』というのもあります。
現状や自分に不満がある人が持つ
心理・特徴です。

気分がむしゃくしゃし、
ストレス解消のために、

自分の価値観を押し付け、
相手を批判します。

特に、その対象は問いませんが、
手軽で身の危険がない相手が、
餌食になります。

職場では、後輩、部下が被害に遭いやすい。

自分の発言が、相手を傷つけたり、
場合によっては、生活や人生にも
影響を及ぼすことなど、お構いなしです。
中には、そうなることを望んで、
批判、非難、誹謗中傷を並べる人もいます。

誰かにしたことは自分に戻ってきます。
憂さ晴らしは、違う方法ですべきです。

4.優越感に浸りたい

優越感に浸りたい』というのも、
価値観を押し付ける人の
心理・特徴にあります。

というよりも、
こいつよりも俺のほうが上だ  

という合理化をしたいのです。
こいつのほうができるのかもしれない
という思いを打ち消したいのでしょう。

劣等感や支配欲の強い人は、
ルール、常識、前例、数の論理を盾に、
正しさを主張します。
また、自分の経験を武器に、
相手を押さえつけるケースもあります。

理解できない、都合が悪いことなど、
適切な理由・説明ができない場合や、
価値観の違いを説き伏せるのに、
そういったものは便利なのです。
コントロールに役立つツールなのです。

そして、相手を押さえつけ、
自分の思い通りにさせることに、
優越感を持ちます。

愚かな上司、先輩、親、また、
負けん気の強いタイプが
陥りやすい行動と言えます。

 

 

5.親切と思われないと怒る

価値観を押し付ける人の心理・特徴に、
親切と思っている』もあります。
自分を親切な人だと定義したがる
といったほうがしっくりきますか
このケースに悪意はありません。
親切な人になりたいのです
そして、こうすれば親切だろうという
勝手な解釈を押し付けているのです。

無知というか、視野が狭いのです。
そこに、相手の気持ち・意思は、
抜け落ちています。
自分の中の常識や
一般論、知識・経験から
自分の考えが正しいと主張します。
求めているものは、相手が自分を
ありがたがる、感謝する状態です。
それを強制します。偽善者みたいなもの

境界線を守るには余程のことがない限り
各々の価値観・意思を尊重すべきです。

押し付ける相手への対処法

こういった相手への対処法ご紹介します。

1.なるべく距離を置く

価値観を押し付ける相手への
一つ目の対処法は、
距離を置く』です。
必要以上に、見ない、近づかない。
そして、極力、
自分の思考から除外しましょう。

思考は現実化します
嫌な相手を見て、イライラすると
そういう未来を引き寄せます。
自分の人生の主役は自分です
自分手動で人生を動かしましょう

 

2.刺激しない

刺激しない』というのもあります。
相手にしないということなのですが、
ほんとに自然に気にしないということ
バカにして相手にしないのではなく。

マウンティングを仕掛けてくる相手と
口論をしても、無駄に疲れるだけです。
挨拶や、必要最小限の会話はします
それを怠ると、批判の対象になります。

 

3.好きなこと・楽しいことに励む

好きなこと・楽しいことに励む』も、
対処法の一つと言えます。
これは心療内科などで言われることです
ある意味逃避行動ではあるのですが
ネガティブなものではないです。
押し付けてくる相手に意識を向けないため。
思考の現実化も回避できます。

自分の好きなこと・楽しいことに集中して、
楽しい時間を持つことに専念しましょう。
ポジティブな
価値観が合う者同士の時間が
もてればなおよし、ですね。

対処法まとめ

いかがでしょうか。
押し付ける人の心理・特徴と対処法です。
ニュープロ的には、目標のイメージの中に
そういった悪い人は除外しましょうと
いうことです。

今の教育・社会では、
ある価値観・考え方を植え付け、
それに従うことを善しする傾向があります。

和を重視する日本では、
皆と違うことすることは、嫌がられます。

そして協調性が重視されます。

それは個性や自立心、独創性を
損なわせることにもつながります。
ブルーハーツが歌っていましたね
若者に個性がないと聞いて一同大笑い、
個性があれば押さえつけるくせにと

十人十色という言葉もあるように、
様々な価値観があるのが当り前です。

価値観の多様性を認め、それを活かし、
支え合って、個々が生き生きとした
毎日を送れる社会にしていきましょう。

 

ニュープロの無料マニュアル

ニュープロのワークは他にもいろいろです。
目標設定のワークをすることも役立ちます。
ニュープロ、すごいですね
あなたも体験してみませんか?
コミュニティもあります。仲間がいますよ。


ニュープロの無料マニュアルがあります

↓↓こちらに登録でもらえます!