友人の年収平均があなたの年収になると言う話を知っていますか

よく聞く話ですが、友人の平均年収が自分の年収と言われます。

しかし、スマホの通話履歴を見たとき、そこに出てくる友人知人の推定年収を考えると「みんな収入多くないな?」と思いません?

この話、納得できる体験はあります。

友人の平均年収が自分の年収

たとえば、仲のいい友達が、頻繁に海外出張に行くのならば「海外に行くことは身近なこと」となります。

逆に、地元からほとんど出ない友人が多ければ、それが当たりまえになります

私の場合、東京にいることもありあまり遠出をする必要がありません。

仲のよい友人は、同じ仕事なのにシンガポールに移住を考えています

不思議に思って彼に尋ねてみました。

彼は言います。友人に誘われて、なんとなくノリで、 と

彼がそんな感じだから、私も移住は飛躍しすぎだけどシンガポールに行ってみようかなとちょっと思っています

わたしは仕事の関係で香港にいた時期があります。

そのころは逆に彼に影響していたのでしょう。

そして、今では私は、なんでみんなシンガポール?という気持ちになっています。

昔、香港にいたときに、日本で飲みに行ってそこのお店で(キャバクラです)海外に住んでいるんだというと、
キャバクラのお姉さんたちは、ニューヨーク?ロンドン?どっち?と目を輝かせます。

香港だと言うと落胆します。

しばらくしてそのお店に行くと、韓国に住んでいるんですよね?と言われたりします。

台湾香港韓国は区別付かないんですね、というか眼中にない、海外だと認めていない

でも、みんなNYとLAの区別はつきます。だったらニューヨークに住もう、と

自分よりも先を行く友人

すこし脱線しました。元に戻します。

彼らと一緒にシンガポールやマレーシアに行っていると
人脈は広がり各地に友人ができてきます。

ビジネスを地元にとどめておくことがもったいなくなってきます。

行動範囲が広がり、日本が狭くなってきたわけです。

自分より一歩先を進む友人を持つと、今まで大きく感じられた壁が低くなっていきます。

もちろんビジネスのスケールも大きくなっていきます。

冒頭の友人の平均年収の話は、こういうことだろう、と思ったわけです。

こういった友人は、すぐ見つかりません。

お勧めするのが、SNSの活用です。

多くの有名人が、SNSを活用しています。

彼らの考え方をSNSで身近に感じましょう。

自分って結構小さい考え方してたな、と感じる時が来ると思います。高く感じた壁を低くしてきましょう。

ニュープロではモデリングというテクニックの一つとして
この例を挙げています。

目指す人のようにふるまうという個のテクニックもまた強力です。

ぜひ、学びに来てくださいね。

ニュープロの無料マニュアル

ニュープロのワークは他にもいろいろです。

目標設定のワークをすることも役立ちます。

ニュープロ、すごいですね

あなたも体験してみませんか?

コミュニティもあります。仲間がいますよ。

ニュープロの無料マニュアルがあります

↓↓こちらに登録でもらえます!