ニュープロのT.O.T.Eモデルは目標達成に欠かせないです

ニュープロのT.O.T.Eモデルは、目標の達成に欠かせない行動の基本構造です。

T.O.T.Eとは

Test(テスト)
Operate(操作)
Test(テスト)
Exit(退出)

 

目標を達成するまでに、いろんな行動を試みることがあります。

目標達成までの行動プロセスを具体的に説明したものが、
T.O.T.Eモデルです。

ゴール設定

最初にゴールを設定します。

ゴールを達成するための具体的な行動を行い、ゴールが達成されたかどうかテストします。

テストによりゴールとなる基準が達成されてない場合、
ゴールに近づくために別のことをします。

テストの基準が満たされた場合は、そのプロセスから退出し、ゴールとなります。

T.O.T.Eモデルはニュープロの前提を具現化しています。

「失敗は存在しない。フィードバックがあるだけ。」
「うまくいかなかったら、別のことを試してみる。」

 

Operate(操作)とTest(テスト)によって、ゴールへの試みが失敗に思えた時でも、その結果をフィードバックとしてとらえ、別の Operate(操作)を試みるとT.O.T.Eモデルでは言っています。

T.O.T.Eモデルは、当たり前のことを言っているようで
意外と実践できていないものです。

ニュープロのT.O.T.Eモデルは、忘れがちな大切な視点を教えてくれるモデルです。

 

T.O.T.Eモデルとニュープロ

「失敗は存在しない。ただフィードバックが存在するだけ」Test(テスト)の際に失敗したとしても、Operation(操作)を繰り返し、Exit(ゴール)に到達すればよいのです。

T.O.T.Eモデルの具体的な流れは、最初にゴール設定、ゴールの為の具体的な行動を行い、その行動が達成されたかどうかをテストします。

ゴールが達成された場合、その繰り返しのプロセスからExit(ゴール)します。

T.O.T.Eモデルを頭の中に入れておくことで、本来忘れがちな重要な視点を持つ事が可能です。

一つは、T.O.T.Eモデルのサイクル自体が望むゴールと現在のギャップを埋めていくことです。

2つ目は柔軟に変化する体質が身につくことです。

具体的には、望んでいるゴールを手に入れるには、ゴールに相応しい自分に変化することと、行動の変化が求められます。

基本的に人は変化を避けようとします。

必要な思考・感情・行動が止まりやすくなります。

しかし、T.O.T.Eモデルを意識的に実践していく中で、変化の体質が身につきます。

それは、T.O.T.Eモデル自体が、変化を前提にしているからなのですが、意識的に実践する結果、望んでいるゴールを
手に入れることのできる
あなた自身に変化していきます。

ビジネスシーンでは

ビジネスシーンで客先から受注の展開として、プレゼン資料が完成されているか、良いトークが出来るかを自分でチェックする必要があります。それが最初のTestです。

プレゼン資料が分かりにくければ修正やリメイクをし、
トークが分かりにくければ改善をします。

これがOperateです。

もう一度チェックをして、問題なければ当日の商談に臨みます。

こんな風に、T.O.T.E.モデルはどんなシーンでも活用出来ます。

常にこのモデルを頭に入れておいて、失敗という概念を捨てて下さいね。

T.O.T.Eモデルはいろんなもの展開できますニュープロで実践してみませんか

ニュープロの無料マニュアルがあります

↓↓こちらに登録でもらえます!

Click to Verify - This site has chosen an SSL Certificate to improve Web site security Click to Verify - This site has chosen an SSL Certificate to improve Web site security