ミルトンモデルとメタモデルで問題解決の糸口をつかみましょう

メタモデルとは

メタモデル(Metamodel)とは、
本来はソフトウエア工学において、
所定の問題領域でのモデリングに
適用可能で有益な
フレーム・規則・制限・モデル・理論。
(出典 Wikipedia)

ということです。
あ、ここは理解しなくていいです
NLPにおける用語の多くは
コンピュータープログラミングから
来ているように、この
メタモデルも同様だということです

具体的には
相手の価値観・認知の傾向を理解する
という為に質問していく

というパターンが多いですね

あなたのことを知りたいので
詳しく教えてほしい
というアプローチです

突っ込んで言うと
無意識的に削除されているメッセージ
をそれが何かを明らかにしていく
という手法ですね

感情はある程度排除した
論理的な思考の世界です
事実を明らかにしていく
もちろん、それについて
相手の方に抵抗する何かがあれば
それをやんわり排除していくこと
からの出発になります

 

ミルトンモデルでは

ミルトンエリクソンの手法つまり
心理誘導や催眠療法から来ています
ほのめかしなど曖昧なメッセージ
を使います
どうとでもとれるような質問を
投げかけて、相手の反応をみる
不明確な部分を相手がどう埋めて
理解しているかをヒントに
誘導していくと言った感じです

曖昧な言葉遣いを用いながら、
私はあなたのことをよく知っている
というイメージに誘導します
ある意味、暗示的なものです

無意識的に削除されている
抽象的な想像力やイメージを
掻き立てていく、といった感じです

今までよりも楽になってきましたね。
あなたには大きな変化が起こりました。
深呼吸すれば心がすっきり晴れます

といった暗示メッセージを使って
実際の心身状態の変化へと
誘導していきます

相手が話しだしたことに対して
あのときは大変でしたよね とか
あのつらかった気持ちはもういいですね
といった、共感というか
心を読んいるかのような
示唆的・ほのめかし的発言を
することもあります
その発言は、あいまいさを残し

そのあいまいさを相手がどう埋めて
反応してくるかを観察していくのです

ミルトンモデルについては
以前の記事も有ります

https://alembic.xyz/?p=996

 

ミルトンモデルとメタモデルの比較

メタモデルもミルトンモデル
相手の人間性・価値観・認知の
傾向を理解するためのモデル
であることは共通ですが、
基本的視点が正反対です。

メタモデルのほうは
明確な言葉遣いを用い、
『あなたのことを詳しく教えてください』
という興味関心の示し方をするのですが、
ミルトンモデルのほうは
わざと曖昧な言葉遣いを用いて、
私はあなたのことを良く知っている
という暗示をかけているという違い。

メタモデルでは
具体的に明らかにしていく
ですが、
ミルトンモデルでは
抽象的な想像力・イメージを
掻き立てていくということ。

メタモデルでは反駁される
マインドリーディングも、
ミルトンモデルでは
敢えて相手の心を読めているような
ほのめかし発言をしていきます。

メタモデルは
現実的・常識的・具体的な正攻法
ミルトンモデルは
想像的・暗示的(催眠的)変則手法
です。

ミルトンモデルは、
自己肯定感や決断力が弱い相手
に対しては効果的ですが、
あまりに暗示的物言いが過ぎると、
相手の依存性や判断力の放棄を
助長する危険性もあります。

 

こういう情報はどこに

どうでしょうか。
勉強になりますね。
しかもこれは一例にすぎません

ニュープロの魔法
もっと知りたくありませんか。
ニュープロの無料マニュアルがあります

↓↓こちらに登録でもらえます!