一瞬で人間関係を築くことができたらビジネスにも最強ですよね

最強のコミュニケーションスキル

ラポールとは開かれた
コミュニケーションが行われ
お互いに影響しあうことが
可能な状態です

ちょっとむずかしいですか
会ったばかりの人なのに
昔からの友達のように
すぐに分かり合えるという
経験はありませんか
これが、毎日できたらどうでしょう
それは可能です。
そしてそのスキルが
ラポール です。

 

ラポールはどこからやってくるか

相手を認めること
相手の成功のために行動すること
相手を肯定すること

こういったことが基本です
心理学的に言って
人間には自分の意識が正しく
五感が現実を正しく映し出し
知恵が正常であるという
確認をしたいという
根源的欲求があります

これを正しいという方向で
認識・確認するためには
他人が経験を共有してくれる
ということです。
共調してくれる、とも言えますね
そういった共有・共調をする人と
人は関係を築きます
であれば、そういう人に
なればよいのです

 

人生経験の共有

難しい言いかたですが、
要は、共通点を探すということです

共通の趣味を探す
共通の知人を探す
同郷の人、同じ学校出身の人とは
すぐに話がはずみますね

相手の考えなり経験なりを
共有することができること
これが重要な要素です


たとえば、心理カウンセラーが
どうやって患者とラポールを
築くかというと
わざと明確にせずに、
ある程度あいまいに話します
相手がそのあいまいさを
勝手に期待で埋めるように
持っていきます。
結果、患者さんは、
先生は自分と共通点が多い
視点が考え方が近いと
思います。
同じ血液型ですよね?
とか言われることが多いですね

もちろん、相手に興味を持ち
相手のためを思う視点で
相手と何を共有できるかを
探していくのは
いうまでもありません。

 

ラポールの上級編

同調ということに着目します
イメージ、雰囲気を共通にしていく
とでも言いましょうか。
例えば、話すスピードを合わせる
呼吸のリズムを合わせる
それによって相手の安心を得られます

さらに、言うのであれば
VAKです。
VはVisual     視覚
AはAudio             聴覚
KはKinesthetic 体感覚

これをラポールにどう使うかです
相手の人の感覚が、VAKのどれが
優位なのかによって
アプローチを変えていきます
V優先の人には視覚を中心に
A優先の人には聴覚を中心に
K優先の人には体感覚を中心に
アプローチしていきます。

何かを販売したいと思っていた時に
相手がV優先の人であれば、
商品を見せる、
パワポなどで資料を見えるようにする
A優先の人であれば、
商品について話す
BGMを使うことも効果的
K優先の人ならば
商品を手に取ってもらう
というアプローチが有効なのです

 

相手の考え方を知る

どうすれば相手の傾向を
知ることができるのかです
まず相手の使う言葉に
ヒントがあります。


Vの人は、視覚的な言葉を
使っていきます。
xxが見えますか? とか
描きましょうか? とか

 

Aの人は、聴覚的な言葉です
意味が聞こえてきますか?
とか
ハーモニーを奏でます
とかです。

Kの人は体感的な言葉
はかどっているように感じる
手に取るようにわかる
といった比喩を多く使います

もちろん、どれか一つしか
使わないということはありません
どの傾向が強いかということです。

 

 

話すスピードも違う

相手がVAKのどの傾向が強いかは
話すスピードでもわかります

こういうことです。
Vつまり視覚系の人は
早口です。
それは、常に頭の中で
画像が流れていて
それを説明していくからです
画像のスピードが速いので
おのずと早口になるのです

Aつまり聴覚系の人は
頭の中で言葉を聞いて
同じスピードで話します。
そう、ナレーターのように。
なので、スピードは一定で
早くもなく遅くもなく
平均的なものです

 

Kつまり体感覚系の人は
非常にゆっくりと話します
思考の基本的な単位が
感情になっているからです。
言語化されていないイメージ
とでも言いますか。
なので、人に伝えるには
言語化しなくてはいけません。
適切な言葉を探しながらなので
スローになります

気を付けなくてはいけないのが
自分の傾向と違う人に対してです
フレストレーションを
感じることがあります
特に、視覚系のひとが、
体感覚系の人に感じます
理解力に乏しい、
知的障害なんじゃないか
くらいに。
しかし、アインシュタインは
子供のころ、教師から
そう思われていました。
大間違いですよね。
言葉を超えた感性を持っている
天才肌の人が多いのが体感覚系です

 

 

では大人数に話すときには

例えばプレゼンするとき
例えばセミナー講師をやるとき
VAKのどこを目指して行うか
それは、

VAKの全部です。

見せ、聞かせ、触ってもらう
そうすれば、すべての人に
興味のある有効な情報を提供できる

有名なスピーチはこの条件を
満たしていることが多いです

例えば、アップルのスティーブジョブズ
彼はプレゼンの天才でした。
特によく例に挙げられるiPhoneの
プレゼンでは、動画をうまく使い
ジョークも織り交ぜて

VAKすべてに働きかけています

このコミュニケーションのパワーは
ラポールから生まれています
そしてそのラポールは
VAKから生まれています

 

こういう情報はどうやって

どうでしょうか。
勉強になりますね。
しかもこれは一例にすぎません

ニュープロの魔法
もっと知りたくありませんか。
ニュープロの無料マニュアルがあります

↓↓こちらに登録でもらえます!