リフレーミングはこんな時期だとさらに有効なんじゃないですか

皆さんは、この時期どうされていますか?

在宅ワーク、時短営業、そういうこともそうなのですが、今回はマインドの話です。

家にこもりきりで、気がめいっていますか?

テレワークの効率が悪くて悩んでいますか?

私は、割と快適に過ごしています。

リフレーミングとは?


もともと、個人的には家にこもってブログやSNSなどに集中していましたから。

でも、それだけじゃないです。

その話、聞きたくありませんか

ニュープロの中でも強力なノウハウのリフレーミングという手法をつかっています。

言葉の定義としてはこうです

Wikipediaより

ある枠組み(フレーム)で捉えている物事を枠組みを外し、違う枠組みで見ることを指す

「リフレームの目的は、今までの考えと違った角度からアプローチしたり、視点を変えたり、焦点をずらしたり、解釈を変えたりと、誰もが潜在的に持つ能力を使い、意図的に自分や相手の生き方を健全なものにし、ポジティブなものにしていく」とのこと。

同じ物事でも、人により見方が異なり、ある角度なら長所にも、短所にもなる。

例えば、残り時間が15分あった場合、悲観的には「もう15分」と思えるし、楽観的には「まだ15分」と思える。
(引用ここまで)

どう思いました? 

事象に対して、どんな視点で見るかで意味合いが変わる、ということです

例えば、冒頭の画像ですが花瓶か、二人が向かい合うのかそれは見え方だと思います。

この花瓶を見てと言われてみた場合と二人の人が向かい合う絵をみてと言われてみた場合とでは違ってきます。誘導されているということです。

では、自分に都合の良い誘導を自分で行ったらどうでしょうこれがリフレーミングの魔力

人間万事塞翁が馬

リフレーミングを理解することであなたの世界観が一瞬で変化します

あなたが、失敗を引きずっていたり、落ち込んで抜け出せなかったり、大切な人が行き詰っていたなら、このスキルは大いに役立ちます。

この話を聞いたことありますか。

ある老人の飼っていた馬が逃げた。

数ヵ月後、馬が名馬を連れ戻ってきた。

老人の息子は、その名馬に乗り落馬、骨折しました。

戦争が起こり、多くの若い兵士が戦死。

足が悪い息子は兵役を逃れました。

「人間万事塞翁が馬」という話。

物語の示唆は「物事は中立である」こと、どんな意味づけをするかはあなたです。

【モノの見方が大事とわかっていても・】

「考え方」、「発想を変えることは大切」

わかっている方も多いと思いますが、腑に落とし、腹に落とし込んでいないと、あなたの人生のステージはそのままです。

前回説明しましたね。

ニュープロでは、深層心理レベルで無意識に発動するように習得できます

自分でも知らないうち腑に落ちています
あ、少し脱線しました。

リフレーミングを使うと自由自在です

リフレーミングを学び、物事に肯定的意味づけをします

失敗を、学びの機会に変えます。

逆境を、才能の発掘や成長の機会に、挫折を人生の価値を共有する「人との出会い」に変えます。

失敗や逆境、挫折という要素はなく、仕事や人生に起こる出来事があなたを成長させる糧となります。

家族や友人や知人といった成果を共にする人によりよい影響を与えることができます。

存在価値を高め、可能性を広げます。

ポジティブとか、ネガティブといった表面的なことではなく、生きる世界観をも変えてくれるリフレーミングを
ぜひ活用してください。

プラスのメリットをリストアップ

つまりどうしたかというとプラスのメリットをリストアップしていきました。

通勤時間がゼロにできる(片道1時間半)

めんどくさい人に会わなくてよい

ZOOM会議などで移動時間も短縮できる、といったところですね

緊急は電話が来ますし特に困っていないです。

なによりもわけのわからん因縁をつける上司や同僚と直接会わないのが良いです。

まあ、メールで因縁つけてきますけれどメールならいったん無視できますからね。

結論、作業効率は上がっていると思います。

まあ、夕方になにか事件が発生すると残業になってしまうことも多いですがそれを差っ引いても効率アップですね。

皆さんも行き詰っている状態に対して、「どうしたい?」と問いかけましょう

問いかけると、自然と現状を打破するフレームに移行できます。

客観的思考です。

こうしたい、を達成した自分だとしたら今の自分にどうアドバイスしますか

どうでしょうか。変わってきませんか。

紹介したリフレーミングはごく一部です

ニュープロで魔法のリフレーミングもっと知りたくありませんか。

ニュープロの無料マニュアルがあります

↓↓こちらに登録でもらえます!

Click to Verify - This site has chosen an SSL Certificate to improve Web site security Click to Verify - This site has chosen an SSL Certificate to improve Web site security