自己正当化の為にウソをつく人への対処法あります

あなたも、身の回りにいるうそつきで
迷惑を被ったことがあるんじゃないですか?

いいわけをする人

筋を曲げてでも自分の利益を追求する人

人をおとし入れようとする人

自分が正しいとするために他の人が悪いと話を作る人などなど。

こういう人の言動に振り回されて被害をこうむりがちなあなたの為にニュープロでアドバイスしていきます。

ここであなたの手に入るものは昇華という自分のメンタルへの対処法です。

逃避行動を理解する

自覚がある場合、ない場合ありますが総括して言えるのは、うそつきは逃避行動だと言うことです。

これを理解しないと、相手は意地になって悪いのは自分じゃないの一点張りになります。

いくつかありますがこのあたりですね。

防衛機制と言われるジャンルです

  • 否認(Denial)- 不安や苦痛を
    生み出すようなある出来事から目をそらし、認めないこと。
    「否認」は出来事自体が存在しないかのような言動をとる。
  • 歪曲(Distortion)- 内面ニーズを満たすよう外部の現実を再構成する。
  • 投影(Projection)- 自分の内面にある受け入れがたい感情や欲動を、自分のものとして認めず、外部に写し出すこと。
    れは明らかな妄想(迫害されるという被害妄想)の形を取る(精神病性妄想)


要は、現実を受け入れられずに、勝手なシナリオをつくって、それが現実であると周囲の人に強要するということです。

同意してくれそうな人、もしくは同意を強要できる人を探して、作り話のシナリオを話し、同調を求めます。

それでは、どうするか、ですね。

これを理解して、対処法をマスターしましょう

あなたのプライドを守りますか

あなたのプライドを守ること、すなわち彼の嘘を暴くことは、あなたの目的ですか。

そうであればここで話は終わりです。

自分の正当性を証拠をもって主張して裁判でも起こして、徹底的に相手に嘘を認めさせ、損害賠償させましょう。

金銭的、精神的、身体的に被害がある場合はこれもいたしかたないですね。

ニュープロでの解決はそこではありません。

昇華という技法です。

昇華は防衛機制の一つではありますがポジティブなものです。

より高度で社会に認められる目標に目を向け、その実現で自己実現を図ろうとすることです。

使えるテクニックは、そうですね

使えるテクニック

・目標への焦点化
・リフレーミング
・成功する信念をもって
・引き寄せの法則
・メタアウトカム
・自己重要度を高める

などですね 通常ではここはリフレーミング

つまり事件には他の意味があるポジティブな意味がある
というように理解を変更すること転職をしろとタイミングを教えてくれているんだ、とかもういい加減付き合えない、他に目を向けろというサインだといった方向です。

自己重要度に目を向ける

最近の私はこちらですね。

人は承認される欲求があります。

自分の長所を見つけていくことでポジティブになれます。

前出の嘘をつく人は真逆ですね。

人を否定することで、相対的に自分が凄い人なのだと自分が認識したい。

でも、周囲はそうは理解しません。かわいそうな人です。

こういった人はかわいそうだと憐れんであげましょう。

そしてうそつきは相手にせず自分の良いところを認めてくれる褒めてくれる信じてくれる応援してくれる

こういった人が周りにいる、そういう環境を求めていけばいきましょう。

そうですね、私だったらインターネットマーケティングとか楽器関連 (転売も演奏も設計も)といったジャンルにいけばアドバンテージありますね。

そういうジャンルの仲間を求めましょう。

敵意を満足させるよりも昇華で行きましょう。

このほうが、未来志向だと思いませんか。

ニュープロの無料マニュアル

こういった学びはニュープロには他にもいろいろです。

ニュープロ、すごいですね

あなたも体験してみませんか?

コミュニティもあります。仲間がいますよ。

ニュープロの無料マニュアルがあります

↓↓こちらに登録でもらえます!